活動情報 > 活動内容
 
 活動内容 2008年、 2007年、 2006年、 2005年、 2004年

2004年5月1日開催

5月1日に三友会役員会が催されました。各支部の代表、各学年の代表の方などが 一同に介して三友会の運営方針について話し合いました。

今年の議題は、名簿の発行に関する議題です。HP化、有料化などいろいろな意見が交わされて、 運営方針が決定されました。また、新しく、情報を発信していこうということになり、 三友会のホームページを作成することになりました(このホームページです)。

役員会で話し合われ、決定された議案は、7月に開かれる三友会総会で審議にかけられ、賛同を得てから実際に執行されます。 皆さんもぜひ三友会総会に出て、三友会の運営に関する希望、意見を聞かせてください。


2004年7月18日開催

7月18日に三友会総会が開催されました。場所は福山の慶昇楼というお店です。

三友会総会では5月に行われた三友会役員会で決議されたこと、また前年度の事業報告、 決算報告、来年度の事業計画、予算案を出席者の方に報告、提案し、承認していただきます。 今年の総会は、三友会ホームページ関連、名簿の取り扱いなど三友会という組織の根本的な部分に関わる問題が 多々ありましたので、いろいろな意見が交換されました。

三友会総会の議題が承認されたあとは、総会のもう一つの目的でもある懇親会が開催されました。 三友会総会には清水先生、服部先生、河野先生、川久保先生、尾関先生、片桐先生と多くの先生方に加え、 4期生から15期生まで27名の方が参加されました。三友会総会、懇親会はこういった、幅広い年代との交流も目的としています。 いろいろな人と意見を交換し、学生の間には、作りえなかった新しいつながりが作れる会でもあります。 懇親会はお酒を飲みながらなので、堅苦しさもなく、気軽に参加できると思います。

三友会総会は、福山と各地区で交互に開催されます。 今年は福山でしたので、来年は他地区での開催になります。開催地近くの人はぜひこの機会に参加してみてください。

三友会総会参加者集合写真

2004年10月22日〜24日開催

今年の三蔵祭も例年通り、学生の力作が展示されていました。 以下で、簡単に紹介します。

まず、29号館をはいって正面の1Fでは恒例の研究室の研究成果が展示されていました。 清水研究室、服部研究室、新谷研究室の研究生らが展示物の説明をしていました。 清水研究室では、交通渋滞に関する研究とその対策方法に対する研究成果が展示されていました。 服部研究室では、大画面ディスプレイを使用して、画面表示を立体に見せるデモを行っていました。 新谷研究室では、アルゴリズムの研究を目的としたゲームがずらりと展示されていました。これが結構難しくてはまります。

2Fに上がってパソコン室です。
パソコン室では、ゲームコーナー、クイズコーナー、インターネットコーナーに分かれていました。ゲームコーナーでは1年生が作成したFlashを使用したブロック崩しが大人気でした。クイズコーナーもなかなかマニアックな問題が盛りだくさんでした。 また、CCDカメラで映したものの動いた箇所を感知して色を塗ることができるという、「簡単モーションキャプチャ」が展示されていました。これを発展させて、ゲームも作れるということなので来年に期待ですね。

パソコン室の反対側にある会議室ではCG作品の展示を行っていました。三蔵祭に向けて作られたものと、学生が課題で作ったものが展示されていました。なかなか個性が出ていて細部まできれいに作られていて楽しく見ることができました。 さらに展示されている作品で気に入ったものがあればプリントアウトしてプレゼントするサービスもありました。 会議室の半分は仕切りをしてあり、中で動画が流されていました。音楽や効果音付の動画はよくできていて、またストーリーも幻想的なものからマニアックなものまでたくさんあって面白かったです。

3階のワークステーション室(以下WS室)ではネットワーク対戦ができるテニス、五目並べを展示していました。さらに、最近なにかと話題のトロイの木馬型ウィルスをネットワークを使ってわかりやすく紹介していました。 1台のワークステーションから別の複数あるうちの1台に攻撃を仕掛け、セキュリティの甘いパソコンは攻撃が 成功するというのを実演していました。なかなか興味深く見ることができました。難しい話を説明するより体感したほうがわかりやすいのでなかなかいい企画でしたね。お客さんも興味深そうに見ておられたみたいです。

今年のプレゼントコーナーは、写真入りオリジナル時計でした。CD-Rを時計の盤面に利用したもので、好きな画像をCD-Rの表面に印刷してオリジナルの時計を作れるというものです。 材料費が少しかかってしまったので、三蔵祭初の有料プレゼントになりましたが、なかなか好評だったみたいです(川久保先生もお気に入りの時計を部屋に飾っておられます)。

今年の模擬店はお好み焼きでした。注文を受けてからの処理がなかなか手際よくて関心しました。

さて、今年の様子だと、来年(2005年)の三蔵祭はさらに面白い企画が期待できそうですね。皆さんもよろしかったら三蔵祭に足を運んでみてください。お待ちしております。


パソコン室の様子