ひと・まち・くらしプロジェクト

松永周辺の生涯スポーツ

松永健康スポーツセンター

 2015年8月27日(木)、松永健康スポーツセンターを訪れました。館長様にお目にかかって、スポーツセンターを紹介していただきました。設立は平成元年で、結構施設は古くなったとのことです。ここも体育振興事業団が管理しています。

いただいた資料は下の2つです。
●「行事のご案内」…これは毎月、行事案内を出しそれにそって教室やレッスンが行われています。
●「健康スポーツセンターの施設案内」…これは藤井様が作ってくださったものです。一部は健康スポーツセンターのWebでみえますが、せっかくですから、ここに載せておきます。

松永健康スポーツセンターの施設案内はこちら

私たちが思っていた以上に多くの方が利用しており、プールの利用者の方がトレーニングルームの利用者より数が多いです。両方をを掛け持ちしている方は461人もおられます。

松永健康スポーツセンターの利用状況はこちら

松永健康スポーツセンターはここのほか、グリーンパーク水泳場、松永運動場、瀬戸公園運動場、沼隈体育館、沼隈運動場、沼隈体育センターの管理も行っています。施設には管理人がいるが、運動場にはいません。全体の管理は松永健康スポーツセンターが行っています。緊急時には現場に駆けつけないといけませんが、管理・行動範囲がとても広いので結構大変だと思いまいた。

わたしたちは館長のお話を伺った後 エアロビクスとプールで何人かの方々にお話を伺いました。どちらも50代~70代の女性が中心です。皆さま元気いっぱいです。エネルギーが伝わってきてこちらも元気なる感じです。エアロビクスは終わったばかりでしたが、プールは自由に泳いでおられるところを伺いました。

インタビューの詳細はこちら

利用している人のほとんどは週に1回は来ておられました。会員になってほぼ毎日来ている人もいます。一人での利用というのはあまり感じられず、継続的に運動ができている方というのは仲間連れで家が近い人、そして時間のある年配者が中心だとわかりました。若い方で主婦の人は小さな子供連れの方が多くみられました。

 

上の画像は松永健康スポーツセンターのステレオ写真です。

画面分割型ですから、左目で左写真を、右目で右写真を見るようにしましょう。そんな器用な! ということはありません。目を少し寄せて画面に3枚の絵が見えるようにすればいいのです。真ん中が立体に見えます。なおこの写真は「㈱タカラトミー」の3Dショットカムホワイト3DトイデジW」 で撮影し、加工いたしました。

 

上の画像は同じ写真をアナグリフにしました。アナグリフは余色実体視とも呼ばれます。下図のようなアナグリフ用フィルタを通してみると立体に見えます。左の写真は赤色、右の写真はシアンで色付けしています。この2色は互いに反対色で重ねると真っ暗になります。このフィルタは安く売っていますし、自作も簡単です

最後に大学へ戻る前に正面玄関で記念撮影しました。

このページのトップに戻る