ひと・まち・くらしプロジェクト

松永周辺の生涯スポーツ

生涯スポーツに関する行政

まず生涯スポーツを行政の側から見るとどうなっているかを調べてみました。

まず文部科学省には、スポーツ・青少年局生涯スポーツ課というそのものの担当部署がありました。 文部科学省の生涯スポーツ課では、国民がスポーツに親しむ環境整備、選手の育成から子供の体育活動、そして生涯スポーツに至る全体に目を配っている部門です。平成13年から「総合型地域スポーツクラブ」の育成が進められています。地域住民自ら主体的に地域のスポーツ環境を作ってスポーツクラブの運営に参画するとともに、様々なスポーツに世代を問わず、自分たちが楽しむためのスポーツ環境を作る試みです。福山市内にも2か所ありますが、残念ながら松永にはありません。

広島県には県教育委員会の事務局があり、スポーツの振興に関する事務を行っておられます。 ここはプロの競技スポーツから、赤ちゃんとママの運動まで幅広い催しがあります。

次に福山市について調べるために、大学の所在地に近い松永支所の「松永生涯学習センター」を訪問させていただき、松永地区の生涯スポーツの現状をお聞きしました(2015年6月3日)。訪問の記事は活動報告を見てください。福山市でスポーツの振興に関する業務を取り扱う部署は「福山市教育委員会」で、その中に「社会教育スポーツ振興課」があることを教えていただきました。教育委員会は学校だけでなく、学外の体育振興にのために様々な運営と企画を行っておられます。これには競技スポーツも生涯スポーツも含まれていますが、ここがいま直接運営なさっているスポーツの催しは「ふくやまマラソン」です。これは来年2016年2月に福山市政100周年記念として行われるもので、このWebページでも取材をすることになると思います。

参考書
川西正志他:改定3版 生涯スポーツ実践論、市村出版、2012年

このページのトップに戻る