研究室紹介(清水研究室)

プロフィール写真

    ■教員:清水 光
    ■主な担当科目:情報工学入門、情報化社会と職業、情報工学演習㈽、専門英語、交通情報システム、情報理論
    ■教員からのメッセージ:
    高度情報化社会と呼ばれる現在、情報は益々重要性を増しています。情報工学の技術は日進月歩で進展し、激しい開発競争が繰り広げられています。皆さんの知力と体力を駆使して社会の発展に貢献されることを願っています。

    研究1
    福山駅周辺の信号交差点

    ■研究室で取り組んでいるテーマ•内容
    現在、研究室では、自動車交通の円滑化や安全化、そして環境負荷の低減化を図る情報システムの開発に取り組んでいます。主な研究内容は、①都市道路網の渋滞長の総和を最小にする信号制御システムの開発、②出発地から目的地までの最短旅行時間経路を推定する動的経路誘導システムの開発、③ ①と②のシステムを統合した交通流制御システムの開発、などである。

    ■主な卒業研究テーマ

  1. 信号制御法と旅行時間の関係
  2. リンク旅行時間の推定
  3. 広島市内幹線道路における信号制御システムの開発
  4. 福山市内道路網におけるリンク旅行時間の測定
  5. 交差点における交通事故の分析と対策

© Department of Computer Science & Fukuyama University. All rights reserved.